HOMEへ村のあらまし村政

くらしのガイド

観光・イベント

公共施設の案内

HOME > 観光・イベント情報 > 自  然 > 黒滝・山野草と動物

カモシカやニホンザルに出会うかも!? ふるさとの山、花咲く森のグリーンツーリズム。

黒  滝

心ときめく感動の瞬間! 荘厳な黒滝へのご案内

◆青森市より国道280号バイパスから蓬田村へ入り、しばらくすると右手に「ローソン蓬田瀬辺地店」が現れる。そこからさらに約2km進むと右手に看板「瀬辺地自治会入口/黒滝へ」があり、それに従い、バイパスの下をくぐり山手(西方)へ向かう。その道なりに進み「北海道新幹線蓬田トンネルの電気施設」、続いて瀬辺地開拓(牧場)を通過し、そのまま道なりにしばらく行くとY字路になり、標識に従って右手の道に進む。ここから先は非常に悪路となる。
◆あとは林道なりにしばらく行くと「黒滝」の標識がある尾根に着く(登山口D点)。ここの左手が入口となっている。ここに駐車し、あとは徒歩となる。
◆平らな道をしばらく進むと右側の沢に降りる「黒滝へ」の標識があり、ヒバ林の間の急な歩道を沢まで下る。沢へ出たら上流を目指す。帰り間違わないために、この地点を覚えておく。
◆沢沿いに10分ほど進むと、滝の音が聞こえ始め、まもなく黒滝(高さ11m)に到着する。マイナスイオンを堪能した後、来た道を帰る。
◆所要時間80分のコース。

※注意:帰りにヒバ林の道を間違わないように。
 下流へおりていることがあるので、ご注意ください。

 

山野草と動物

豊富な山菜・きのこ狩りも楽しみ!

◆残雪の野山、せせらぎの響きもさわやかに山菜の季節が始まります。ふっくらと列を組んで勢揃いしたふきのとうは訪れる春の息吹。真っ白なこぶしの花や、薄紅の山桜が咲く頃はワラビ、ゼンマイ、山ウドなどの山菜が山を賑わし、清流にはイワナやヤマメが跳ねる自然の宝庫となります。登山気分で山を堪能した後にタケノコをどっさりお土産に下山したという登山客も見かけます。趣味と実益を兼ねたアウトドアに最高の場所。

◆また紅葉の秋はきのこの季節。ナラタケ、ナメコ、遭遇したらつい舞い上がってしまうという最高級なマイタケなど山の味覚はとにかく豊富です。

 

大倉岳・赤倉岳・袴腰岳に生息する山野草と動物

登山道脇の雑木林に春一番に咲くマンサクやカタクリの花。山歩きで心和む豊富な山野草の探索や、散策時ときおり顔を出すニホンザルやカモシカも愛らしい。

※山野草や高山植物は、大自然の貴重な宝です。後世へ続く地球の財産です。野生動物とともに、いたわりの気持ちで観察しましょう。

カタクリ

ムラサキヤシオツツジ

ヒメホテイラン

ニホンザル

ヒトリシズカ

シラネアオイ

カモシカ

ショウキラン

ウラジロヨウラク