HOMEへ

村のあらまし

村政

くらしのガイド

観光・イベント公共施設の案内

HOME > 村のあらまし > 村のプロフィール > 村史

村史

蓬田村史

 

 目次

 

発刊のことば  蓬田村長 坂本大博

村史発刊によせて  蓬田村教育長 田中一雄

村史刊行に当り  編さん委員長 清水專造

序にかえて  編さん事務局長 坂本豊道

自序     編輯者 肴倉彌八

第一章 総論
第二章 蓬田村の古代

一 蓬田村の縄文時代

二 瀬辺地部落の遺跡

三 蓬田村瀬辺地遺跡の細石様石片について

四 小館遺跡(古代アイヌの里)

五 小館遺跡の調査

第三章 津軽氏の統一以前

第一節 外ヶ浜の地名

第二節 蓬田村の地位と名称

第三節 安東氏の乱と外ヶ浜

第四節 南北朝時代の外ヶ浜

第五節 南部氏時代の外ヶ浜

第六節 北畠氏と蓬田城主

第七節 蓬田城と相馬氏

第八節 蓬田・大館城

第九節 津軽藩に仕えた相馬氏

第十節 蓬田越前と相馬大作

第四章 津軽藩政時代

第一節 外ヶ浜の統合

第二節 後潟組と代官

第三節 後潟組と手代、郷士

第四節 蓬田村の庄屋

第五節 検地と蓬田

第六節 蓬田村の成立

第七節 検地と農民

第八節 貢租

第九節 年貢米の納入

第十節 後潟組と銀納

第十一節 蓬田村の御献上煎海鼠仕立方

第十二節 砂鉄

第十三節 郷蔵と金穀蓄積収支規則

第五章 各部落の地勢

第一節 地勢

第二節 水利

第六章 各部落の沿革の概要

第一節 中沢村

第二節 長科村

第三節 阿弥陀川村

第四節 蓬田村

第五節 郷沢村

第六節 瀬辺地村

第七節 広瀬村

広瀬村明生会の明治百年記念行事

第八節 高根村

第七章 山林と灌漑

第一節 山林

第二節 漆

第三節 溜池、橋、樋

第四節 岸焼、秣場、萱仕立場所

第五節 灌漑用水

水源山の伐採御差止願書

第六節 蓬田山奉行

第七節 山奉行と盗伐

第八節 見継山引戻申請

一 中沢村金葛沢の見継山引戻事件

二 瀬辺地村領喜左エ門流見継山引戻事件

三 瀬辺地村領板木沢見継山引戻事件

四 瀬辺地村領堤ヶ沢見継山引戻と立木譲与の件

五 広瀬村高根仕立見継山引戻と立木譲与の件

第八章 旅行者が見た蓬田

一 菅江真澄

二 伊能忠敬の「沿海日記」

三 高山彦九郎の「北行日記」

第九章 郡村誌による蓬田村

一 中沢村

二 長科村

三 阿弥陀川村

四 蓬田村

五 郷沢村

六 瀬辺地村

七 広瀬村

第十章 神社、仏閣

第一節 神社

一 中沢村 稲荷神社

二 長科村 稲荷神社

三 阿弥陀川村 稲荷神社

四 蓬田村 八幡宮

蓬田城址の碑

五 郷沢村 稲荷神社

六 瀬辺地村 天満宮

七 広瀬村 八幡宮

八 高根村 八幡宮

九 神社資料一

安政二乙卯年神社微細

  社司由緒調書上帳

十 神社資料二

県庁所蔵の社寺明細帳

第二節 仏閣

一 竜沢山 正法院

二 西仰山 楽宝寺

イ 三十三観世音菩薩

  五十五周年記念行事

ロ 三部落の合同慰霊祭

三 傘松仏苑観音

第十一章 金光上人と阿弥陀川

第一節 金光上人の生いたち

第二節 金光上人と阿弥陀川

第三節 地蔵川に就いて

第四節 和田喜八郎発見の新資料による阿弥陀如来像

第五節 阿弥陀川史跡に関する諸説

第十二章 教育

第一節 寺小屋

一 中村弥右エ門

二 松山操

三 森彦左エ門

四 其他の寺小屋

五 高松勇蔵校長頌徳碑

第二節 小学校

一 蓬田小学校

二 広瀬小学校

三 高根小学校

第三節 中学校

一 蓬田中学校

第十三章 社会教育

第一節 公民館

第二節 青年学級

一 中沢青年学級

二 蓬田青年学級

三 郷沢青年学級

四 広瀬青年学級

五 高根青年学級

六 蓬田和洋裁学校

七 蓬田家庭教育学級

第三節 子供会

第四節 文化

一 茜吟社蓬田支部

第十四章 社会施設

一 蓬田村国民健康保険組合

二 蓬田村保育所

第十五章 官公庁

第一節 蓬田村役場

一 廃藩置県

二 大小区制

三 郡制

四 町村制施行

五 歴代村長

六 歴代助役

七 歴代収入役

八 歴代議長

九 歴代副議長

十 村会議員

第二節 各種委員会

一 各種常任委員会

二 蓬田村選挙管理委員会

三 民生委員

四 生活改善委員会

五 社会教育委員会

六 蓬田村公民館運営審議委員会

七 農業委員会

第三節 郵便局

一 郵便切手売捌所

二 むつ蓬田郵便局

第四節 蓬田警察官駐在所

第五節 昭和三年十一月聖上陛下御即位大礼奉祝記念式典

第六節 明治百年、村制施行八十周年記念式典

第十六章 農業

第一節 蓬田村の農業

第二節 蓬田村農会

第三節 蓬田村農業協同組合

第四節 蓬田村農業共済組合

第五節 土地改良

一 蓬田土地改良区

二 中沢、長科土地改良区

三 阿弥陀川土地改良区

四 広瀬土地改良区

五 中沢、長科共同施行(パイロット)

六 非補助地区開田

第十七章 商工業

一 蓬田村商工会

第十八章 漁業

一 蓬田村漁業協同組合

第十九章 各種団体

第一節 帝国在郷軍人会蓬田分会

第二節 東津軽郡青年団蓬田支部

一 中沢青年団

二 長科青年団

三 阿弥陀川青年団

四 蓬田青年団

五 郷沢青年団

六 瀬辺地青年団

七 広瀬青年団

八 高根青年団

第三節 蓬田村連合青年団

第四節 蓬田翼賛壮年団

第五節 婦人団体

一 主婦会

二 処女会

三 蓬田村婦人会

第二十章 消防団

第一節 私設消防

第二節 公立消防

第三節 警防団

第四節 消防団

一 第一分団(中沢)

二 第二分団(長科)

三 第三分団(阿弥陀川)

四 第四分団(蓬田)

五 第五分団(郷沢)

六 第六分団(瀬辺地)

七 第七分団(広瀬)

八 第八分団(高根)

第二十一章 交通運輸

一 津軽線の開通

二 蓬田駅

三 中沢、郷沢駅

四 踏切事故

五 豪雪事故

第二十二章 風俗習慣と年中行事

第一節 風俗習慣

第二節 年中行事

第三節 婚儀

第四節 葬祭儀

第二十三章 衛生

第一節 村是規約条例

第二節 虎列刺病予防心得

第三節 蓬田村伝染病予防委員会規程

第四節 赤痢病予防の心得

第五節 蓬田村大字何衛生組合規約

第六節 保健衛生規定

第二十四章 北海道文化財に指定された田中福松の「にしん御殿」

第二十五章 童謡、俗謡、謎

第一節 童謡

一 童謡

二 動作について数うもの

三 御手玉の歌

四 子守歌

五 毬つき歌

六 ?つき歌

第二節 盆歌

第三節 俗謡

一 よされ節

二 ジョンカラ節

三 上磯村尽し

第四節 謎なぞ

第五節 民話

一 鬼神のお松

二 カッパと久慈重次郎

第二十六章 文化財

第一節 文化財と旧蹟

一 円空作の仏像(正法院蔵)

二 五郎兵衛いちょう

三 股松

四 玉松

五 傘松

六 阿弥陀川と金光上人遺跡

七 大館城址

第二節 蓬田村名庭園

一 田中吉兵衛庭園

二 張間音吉庭園

三 吉田喜兵衛庭園

四 森光秀庭園

第二十七章 玉松台の史跡

第一節 玉松台

第二節 位置及び墓石

一 位置

二 面積其他

三 忠魂碑

四 明治三十七、八年戦没戦病死者芳名録

第三節 玉松台の遺光

一 文献

二 浪曲

三 琵琶

四 映画

第四節 文献

一 玉松台万歳の声

玉松台保勝会長 坂本種一

二 秩父宮両殿下玉松台台監記 坂本種一謹記

三 玉松の墓 東京斯の道学会

四 新史跡、玉松台の墓 吉岡竜太郎編

五 浪曲 玉松台の日の出

第五節 坂本種一翁頌徳碑建立

第二十八章 美談

一 中沢村の自慢話(美男、美女、長命、角力)

二 消防殉死青木丑太郎の美談

三 蓬田村のかくれたる社会教育の恩人 故佐藤仲庵氏

四 中村長作翁の美談

五 納税美談 武井金次郎の話

六 中村弥右エ門と三上菊左エ門

七 自殺して責任を負った庄屋坂本甚吾

八 開墾で貧弱村を救った青木、小松、田中の三氏

九 裸一貫から巨額の財産を作りあげた工藤福松

第二十九章 人物

一 三上超順

二 津嶋九郎兵衛

三 青木彦兵衛

四 武井安左エ門

五 坂本甚吉(久太郎改め)

六 吉崎忠右エ門(忠次郎と改名)

七 坂本常蔵

八 鈴木新左エ門

九 中村弥右エ門

十 坂本与作

十一 田中吉兵衛

十二 宮田与作

十三 坂本義徹

十四 中村賢太郎

十五 坂本喜三郎

十六 八戸弥太郎

十七 久慈政吉

十八 佐藤琢法

十九 田中吉松

二十 坂本種一

二十一 高松勇蔵

二十二 山谷徳蔵

二十三 久慈重次郎

二十四 越田治右エ門

二十五 斎藤仲庵夫妻

二十六 岩谷秀雄

二十七 森籐八

二十八 藤本石蔵

二十九 坂本万太郎

三十 八戸倉助

三十一 稲葉三郎兵衛

三十二 八幡新兵衛

三十三 久慈寅五郎

三十四 田中福蔵

三十五 久慈勇丈

三十六 清水專造

ページトップへ▲